ご挨拶

国土計画協会会長 伊藤 滋 一般財団法人国土計画協会は、敗戦により狭小となった国土の将来に危機感をもち、国土の総合開発に関心を抱く有識者の発起により昭和21年11月29日に当時の内務大臣の認可により財団法人として設立されました。
今般、平成25年3月1日に財団法人高速道路交流推進財団と合併し、平成26年4月1日をもって一般財団法人として新たなスタートをいたしました。
当協会は、国土計画及び地方計画に関する調査研究を行い、国土の利用、整備及び保全に関する総合的かつ基本的な政策の企画立案の協力及び推進などを図るとともに、国土の骨格となる高速道路等の利用推進及び地域との連携推進に関する事業を行っております。
我が国は、平成23年3月の東日本大震災、そして平成24年12月の中央自動車道笹子トンネル(上り線)の天上板落下事故などの痛ましい大災害がありました。
国におきましては、災害に強い国土づくりを目指して、国土強靭化策を法律とするとともに、国土交通省におきましても、人口減少・高齢化社会においても持続可能な世界最高水準の「ゆたかさ」と「安心」を確保するための国土のグランドデザインを策定する作業が始まっております。
私は、国土計画とは、「国民が果たすべき義務と責任を前提としながら、国土空間に対する国民の希求を最大限に実現することを目的とした国の総合的政策である。」と考えておりますので、当協会におきましても、新しい国土のあり方について調査研究を行うことにより、その一助になることを考えていく所存であります。
今後は、一般財団法人として、広く社会との連携を深め、従来の枠にとどまることなく一層の公益を増進し、社会に貢献できる協会にしていく所存であります。
改めて、更なるご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

平成26年4月